森谷式翻訳術で学んだ翻訳テクニック!稼げると評判の英語翻訳で副業!

新型コロナウイルスの影響や、政府が副業を推奨するなどの流れもあり、最近では副業をする方がとても増えてきました。

副業は様々な業種にチャレンジできるのが魅力ですが、自由度が高い分、実際にどんな業種が稼げるのかがわからず、選択に迷っているという方が多くいらっしゃいます。

私も今まで、より効率的に楽しく稼げる仕事はないかと、たくさんの副業を経験してきました。その中で最近注目しているのが「翻訳」の仕事です。

日本人は人口の2%ほどしか英語ができる人がいないといわれているため、競合が少なく、単価が高いので稼ぎやすい仕事です。

一度英語を身に着けてしまえば長く続けられるうえに、今後のグローバル化にも対応できるようになります。

とはいえ、今現在英語ができない人が翻訳の仕事を始めようと思ってもすぐには始められません。実は私も英語はそこまで得意ではなかったのですが、翻訳家として必要な技術や英語力を「森谷式翻訳術」で学び、今では翻訳家としてデビューし、副業として月収30万円以上の収入を得ることができるようになっています。

今日はそんな翻訳の仕事や、私が翻訳技術を学んだ「森谷式翻訳術」についてご紹介をさせていただきます。よければ最後までご覧ください。

森谷式翻訳術HP

今、翻訳という仕事をお勧めするワケ

今、翻訳という仕事をお勧めするワケ

翻訳という仕事を選ぶことになったきっかけ

今回なぜ「森谷式翻訳術」を受講するに至ったかというと、コロナウイルスの影響もあり、本業や副業などの働き方に大きく影響が出たため、在宅ででき長く続けることができる仕事を探していたからです。

本業の収入が途絶えてしまっても稼げる仕事で、なおかつ本業にもプラスになるスキルが身に着けられるものがいいと考えていました。そこで副業の情報を調べていたところ、翻訳の仕事が時間単価も高く稼げるという情報があったのです。

英語はあまりできるほうではありませんでしたが、身に着けたいスキルだったので、英語を学びなおすとともに翻訳のスキルを身に着けるため、ネットで勉強できる学習塾を探していたところ、森谷式翻訳塾の情報を見つけ受講することにしました。

理由は「トランスクリエーション」というジャンルの翻訳を扱っていたことと、そのジャンルが自分の本業にも活かせそうで、なおかつ楽しそうだなと思ったからです。実際に学んでみると、ただ原文を翻訳するだけでなく、クリエイティブな発想が必要となるので、創造しながら翻訳するのがとても楽しい作業でした。

翻訳を仕事にするメリット

翻訳という仕事をする上で、沢山のメリットがありますので、代表的なものをいくつか挙げていきたいと思います。

時間や場所に縛られない働き方できる。

新型コロナウイルスの影響により、今後はさらに在宅ワークの需要が高まってくるでしょう。翻訳の仕事はすべて在宅で完結するので、毎朝満員電車に乗る必要もなく、好きな時間と場所で働くことが可能となります。

本業が忙しい方でも仕事量は自身で設定できるので、スキマ時間でも十分に仕事をすることが可能です。

翻訳家は人口が少なく需要が高まっている

翻訳家になるためには、まず英語ができないといけないというハードルがあります。

日本人で英語ができる人はそこまでいないため、一度身に着けてしまえば希少性の高いスキルとして高い時給を稼ぐことが可能な仕事なんです。

翻訳のジャンルによっては競合も少ないので、仕事として続けやすいといったメリットもあります。

定年を超えても続けられる

一般的な会社は65歳で定年を迎え退職となりますが、翻訳という仕事は定年という概念がなく、生涯を通して安定して働けるので、老後に年金や貯金の心配をしなくても済むようになるでしょう。

またお金を稼ぎながら英語力もあげられるので海外に移住も夢ではなくなってきますね。

年齢や学歴、資格も必要無し

基礎的な英語力は必要になりますが、勉強さえすれば誰でもできるのが翻訳の仕事です。

年齢や学歴などは必要ありませんし、英検などの資格も不要です。

ただし仕事を受注するためには翻訳会社の実施する試験に合格しなければいけません。

下準備や知識なしでは合格が難しい試験ですが、のちに紹介する森谷式翻訳術では試験対策もしっかり行ってくれるので安心です。

人間関係に悩むことがない

翻訳の仕事はすべて在宅で自己完結できるので、煩わしい人間関係に悩まされることはありません。人づきあいが苦手な人でも、ネットがつながる場所であればどこにいても仕事が可能になります。

翻訳の仕事にデメリットはある?

翻訳の仕事の主なデメリットは以下の3つです。

・試験に合格しないと仕事がなかなか来ない

翻訳会社の試験は合格率が全体数の5%ほどで、対策をしないと通過は難しいでしょう。フリーランスとして仕事をもらうにはある程度実績が必要なので、まずは試験通過を目指すのがよいです。

・仕事の受注が無いと収入が安定しにくい

収入を安定させるためには、素早く仕事をたくさんこなす必要があり、ある程度経験が必要になってきます。また仕事が安定してもらえるようになるために実績を積まないといけません。

・スケジュールなどの自己管理が必要

本業が忙しい方は、本業と副業のバランスを考え、自分ができる範囲で仕事をしなければいけません。自分の時間や体力と相談をして自己管理を徹底することが大事です。

森谷式翻訳術HP

森谷式翻訳術とは

森谷式翻訳術とは

森谷式翻訳術とは、翻訳のジャンルの一つである「トランスクリエーション」を、翻訳家である森谷祐二さんが開発した独自のメソッドにより、約6か月という短期間で翻訳家になるための英語スキルと、翻訳スキルを学ぶオンラインアカデミーです。

今現在英語があまり得意でない人にも、英語力の底上げをした上で翻訳の技術も学べるので、おすすめの学習塾となっています。

森谷式翻訳術の特徴

森谷式翻訳術では、「トランスクリエーション」という翻訳のジャンルを扱っており、翻訳技術の中でも特に高収入を得ることが可能なジャンルで、専門で扱っている機関は、森谷式翻訳術の他ではあまり見られません。

講師である森谷さんは翻訳家として年収1000万円を稼いでおり、実際のテクニックや翻訳手順を論理的に教えてくれます。

翻訳やトランスクリエーションが未経験の人でも最速最短で習得できるようカリキュラムが組まれています。

翻訳家として活動していく為には、翻訳会社が独自で実施している試験を通過しないといけませんが、その書類審査や翻訳試験の対策もカリキュラムに組み込まれているので、実際に翻訳家として仕事ができるようになる人が多数いらっしゃいます。

業界最短の6か月で翻訳者になれるカリキュラム

英語ができる=翻訳ができるというわけではなく、英語力があってもリサーチ力や読解力がないと翻訳者は務まりません。いかに原文を読解し、背景を想像しリサーチすることで意味を伝えることができます。

この翻訳手順を論理的にわかりやすく伝えるのは本当に難しいことだと思うのですが、森谷式翻訳術では、講師の森谷さんが実際に「年収1000万円」を稼いでいるテクニックや翻訳手順を「ゼロ」からどう作っていくのかを論理的に教えてくれるので、6か月という短期間で翻訳家としてデビューができてしまうんです。

翻訳家として活動開始するまでの3ステップ

STEP1、翻訳家として活動するために必要な英語力を底上げし、翻訳スキルを習得する。

STEP2、トランスクリエーションに特化した、森谷式翻訳術ならではの翻訳テクニックを習得する。

STEP3、翻訳会社が実施している、書類選考と翻訳試験を対策をする。

以上の3つのステップを約6か月間かけて学び、翻訳家デビューを目指します。

失敗しない翻訳試験攻略

翻訳家として仕事を受けるためには、翻訳会社と業務提携をするか、フリーランスとして個人で仕事を受注しないといけません。最初からフリーランスで活動するのは難しいので、翻訳会社にお世話になる事をおすすめします。

しかしここで問題となるのは、翻訳会社が実施している試験を受け、合格する必要があります。

試験は2つあり、業界用語でいう「CV」と呼ばれる書類審査と、「トライアル」と呼ばれる翻訳の実技試験があります。

この試験に合格することで腫れて仕事がもらえるようになるのですが、この試験は合格率が全体数の5%ほどと言われており、試験対策は必須となっております。

翻訳スクールであれば試験体躯をおこなってくれているところも多くあります。

森谷式翻訳術でも試験対策がカリキュラムに組み込まれているので、対策もばっちり行えますので、合格率はぐんと上がる事でしょう。翻訳家プロデビューへの道のりをしっかり作ってくれているので、安心して勉強に励みましょう。

森谷式翻訳術HP

トランスクリエーションとは

トランスクリエーションとは

「トランスクリエーション」とは、翻訳(translation)と創造、創作(creation)を組み合わせた造語です。簡単に言うと、本来の英文に沿った正確な翻訳に「意訳」を加え、クリエイティブ色の強い翻訳をすることを言います。

本来の翻訳とは、情報を正確に伝えることを重要視していますが、トランスクリエーションは原文に基づきながらも、クリエイティブなライティングを行い、単なる言葉の置き換えではないインパクトを与えることが目的とされています。また、マーケティングにおいて非常に大事な役割であることから、マーケティング翻訳とも言われています。

翻訳とトランクリエーションの違い

通常の翻訳とトランスクリエーションの一番の違いは、原文をそのまま日本語に訳すか、大胆にアレンジを加えてしまうかという点です。

いわゆる直訳は機械的にも可能です。

いずれはAIが翻訳も完全自動化にしてくれると思われていますが、トラスクリエーションは人間にしかできないことです。

原文の意味や意図、戦略、メッセージ、イメージ、ブランディングといった、様々な要素を注意深く観察、深く理解し、その国の市場や文化において最も効果的な表現なんなのかを考えます。

言葉の意味をただそのまま訳すだけでなく、文化的背景まで考え文章を翻訳するのがトランスクリエーションです。

なぜ、トランスクリエーションが翻訳よりも良いのか?

トランスクリエーションはその特殊な翻訳技術から、扱う人が少ないため競合があまり多くありません。

そのため、一般的な翻訳と比べて報酬が高いのが特徴です。

また・一旦スキルを習得できると継続のお仕事依頼が多いので、長く続けることができるのも特徴の一つです。

トランスクリエーションは翻訳にクリエイティブ要素が入るため、AIなどの単純な翻訳では代用が効かないため、今後さらに需要は高まり、仕事がなくなりづらいとも考えられています。

そして、映画のタイトルやキャッチコピーなど、自分の好きなジャンルに携わることができ、翻訳にクリエイティブな発想が求められるので、楽しみながら仕事ができるのが魅力の一つです。

トランスクリエーションは難しい?

翻訳のジャンルの中でも、トランスクリエーションは独特の難しさがあるといわれています。それは、アートのように正解がないため、その人本人のセンスが大きく反映されるからです。

実は翻訳という行為自体が「原文や単語の意味を忠実に訳す」ことが当たり前とされてきたので、創作的な意訳を再現することには独自の難しさがあり、これまで論理的に指導をできる人がいませんでした。

そのためほかの翻訳ジャンルよりも人口が少ないのが現状なのです。

ですが「森谷式翻訳術」では、トランスクリエーションに特化した独自のメソッドで翻訳スキルを身に着けることができ、さらには翻訳家としてデビューするまでの手厚いサポートで、翻訳家として独立できる方が増えてきています。

ある程度の英語力と、独自の翻訳スキルが必要なトランスクリエーションですが、コツさえ掴めれば誰でも仕事として食べていくことができると思います。

ぜひこのトランスクリエーションを攻略し、超穴場の市場へ挑戦してみましょう。

トランスクリエーションの実例

トランスクリエーションと一言で言っても、なかなかイメージがつきにくいと思いますので、わかりやすいようにいくつか例をあげたいと思います。

耳馴染みのあるキャッチーなフレーズもあるので、ピンとくると思いますよ

「インテル、入っテル」

みなさんCMなどで一度は耳にしたことがあると思います。

半導体素子メーカーのインテルのキャッチコピーですね。

原文は”Intel inside”となっており、インテルのインと、インサイドのインで韻を踏んでいる、短いながらもわかりやすいキャッチコピーです。

これを日本語に訳す際に、同じように”インテル、入っテル”と、テルで韻を踏んでいます。

原文を損なうことなく日本語にアレンジした、とてもいいトランスクリエーションですね。

訳した人は天才なんじゃないでしょうか……。

「天使にラブソングを」

1992年に公開されたアメリカの映画で、日本でも大ヒットを記録した名作映画です。

天使にラブソングをというのは日本語訳されたタイトルで、原題は「Sister Act」となっており、そのまま直訳すると「修道女のショー」というような意味になります。

あまり面白そうなタイトルではありませんよね…(笑)

このタイトルのおかげで日本でも映画が大ヒットしたといっても過言ではないくらい、天使にラブソングをというのは本当に秀逸な邦題だと思います。

その他にも有名なディズニー映画「アナと雪の女王」は現代が「FROZEN」となっており、直訳では「凍結」という意味になりますが、登場人物の名前を入れ、雪の女王という情報を持たせたことにより、内容に興味をもたせることに成功しています。

劇中歌の「Let it go~ありのままで~」では、ありの~ままの~♪というフレーズはあまりにも有名ですね、Let it goをありのままと訳すことで、日本人にも共感しやすい歌詞になっていますね。

映画のタイトルやキャッチコピーには、一度聞いただけで記憶に残るようなものが多く存在します。

その多くはこのトランスクリエーションによって訳されたものなので、その重要性がご理解いただけると思います。

森谷式翻訳術HP

森谷式翻訳術の森谷祐二とは

森谷式翻訳術の森谷祐二とは

森谷式翻訳術の講師でもあり、メソッドの開発者である「森谷祐二」とは一体どのような人物なのでしょうか?その実態を調べてみました。

森谷祐二のプロフィール

森谷祐二

「世界一分かりやすい森谷式翻訳術」開発者

1969年4月22日生まれ

翻訳会社の試験合格からたった3ヶ月で月収100万円超えを達成したプロ翻訳者。

会社員時代には過労のため体を壊し入院をし、生死の境を彷徨い「死」を体験したことを機に自分の人生を再度見直すことになった。その時に「自分の好きな時に好きなだけ自由に仕事ができる環境が欲しい」「英語を使った仕事がしたい」と気づき、翻訳スクールに入学する。

しかし、翻訳スクールに入塾するものの、長い期間成果が出ず翻訳者として道を諦めようと迷走していた時に、ある自分には翻訳者として欠けていたかけていた大きな問題に気づき、語句時のメソッドの開発を始める。

その後翻訳会社の試験を受けてからたった3ヶ月で月収100万円を突破し、誰もが知る大手企業から依頼が殺到する引っ張りだこの翻訳者として大活躍している。

現在は自身が開発したメソッドで、後進の翻訳者を育てる教育者として活動されており、分かりやすい授業と懇切丁寧な指導で受講生からは、絶大な人気と信頼を得ています。純粋に英語が好きで、その楽しさを世間に広めたいという思いにあふれている、素敵な先生です。

森谷式翻訳術HP

森谷式翻訳術の料金は?マンツーマンコースもあり!

森谷式翻訳術の料金は?マンツーマンコースもあり!

みなさん気になっているのは、実際に受講料がいくらかかるのか?ということでしょう。

翻訳スクールは受講料にある程度まとまったお金が必要ですが、その分身につくスピードは段違いで速いですし、翻訳者として仕事ができるようになれば、かかった受講料よりも収入のほうがすぐ上回るでしょう。

森谷式翻訳術の料金は以下の通りです。

森谷式翻訳術の翻訳者育成スクール料金

・通常コース

298,000円

・マンツーマンコース

498,000円

初期費用は必要ですが、この先一生モノのスキルを獲得できると考えれば決して高い金額ではないと思います。

とはいえパッと出せる金額でもないと思いますので、ご自身のこれからの人生プランを考え、慎重に決めてくださいね。

森谷式翻訳術HP

受講者の口コミを紹介、悪評や悪い口コミはあるのか?

受講者の口コミを紹介、悪評や悪い口コミはあるのか?

ネット上には様々な情報が出回っており、少々情報過多なところがあります。

私も森谷式翻訳術を受講する前はネットで情報を調べていたのですが、いい評判もあればよくない評判まで、いろんな情報が出回っていて、どれを信用していいかよくわからなくなりました。

しかし、どんな情報も真意かどうかはわからず、実際にやってみるまではわからないと思い、思い切って受講してみたところ、内容もしっかりしておりとてもわかりやすいものでした。

そこでわかったことは、実際に参考になるのは受講している方の意見だということです。

ここでは実際に森谷式翻訳術を受講されている生徒の方からの、率直な感想や意見などリアルな声を掲載させていただきますので、受講するかどうか迷っているという方はよければ参考にしてみてください。

森谷式翻訳術の口コミ一覧

スキルが身に付きキャリアアップに繋がりました(40代/男性/会社員)

会社で英語が必要な場面が多く、将来の為にと英語を勉強することにしました。そんなおりにコロナウイルスで仕事が減ってしまい、収入を上げるために翻訳で副業をしようと考えました。翻訳の仕事というとハードルが高いと思っていたのですが、スクールで学んでいるうちにトランスクリエーションというジャンルがとてもやりがいがあって楽しい仕事だと思うようになりました。マーケティングにも役立つので会社のキャリアアップにもつながりましたし、これからも翻訳の仕事を続けていこうと思っています。

好きを仕事にして収入がアップしました(30代/女性/会社員)

毎朝満員電車に乗っての通勤や、会社の人間関係に疲れてしまい、別の働き方ができないか模索していました。映画や洋楽を聞くのが好きで、もともと英語は得意だったのでそれを活かした仕事がしたいと思い、翻訳の仕事をするために森谷式翻訳術の受講を決めました。言葉の意味の解釈を考えたり、その背景を調べたりと、難しいですが今までの仕事にないクリエイティブさがすごく楽しいです。自分の好きな英語を仕事にできてとてもやりがいを感じています。すでに会社を辞め、これからは翻訳を本業として稼げるようにもっと勉強したいと思います。

基礎的な英語ができないと難しい(50代/男性/会社員)

新型コロナウイルスの影響で仕事が減り、時間が空くことが多くなったので、他に収入を得られるスキルを身に着けようと思い受講することにしました。最初はオンラインの英会話教室で学習していたのですが、仕事に活かせそうな翻訳の勉強もはじめました。しかし英語はもともと苦手なほうなので、英語の意味を理解するところで時間がかかってしまい、翻訳を仕事にするにはまだまだ英語力が足らず、途中で諦めてしまいました。

簡単ではないです(40代/女性/主婦)

もともと英会話教室通っていてある程度英語はできたので、家の収入になればと英語でできる副業を始めることにしました。翻訳スクールに通うことには勇気がいりましたが、思い切って受講を決意しました。誰でも簡単に始められますが、うまくいくとは限りません。翻訳という仕事は本当に難しく、仕事としてせいこうするためには言葉のセンスが必要になります。私にはあまり才能がないようで、仕事にするのは叶いませんでした。

翻訳家になるという夢が叶いました(20代/男性/自営業)

映画や小説の翻訳をする仕事に就きたいいう夢があり、会社員として働きながら勉強をしていました。翻訳のスキルと試験対策のため森谷翻訳術の受講を決めたのですが、内容がとてもわかりやすく、短期間で結果を出すことができました。トランスクリエーションとは目指していた翻訳のジャンルとは違うのですが、楽しいので今後も続けていきつつ、他のお仕事もできるように頑張っていこうと思います。

森谷式翻訳術HP

LINE登録でもらえる無料の特典

LINE登録でもらえる無料の特典

森谷式翻訳術では、LINEに登録するだけで無料のオンライン講座に参加できますので、そちらを紹介させていただきます。

登録するだけで参加できるかなりお得な内容となってますので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

どれも有用な情報ばかりですよ。

LINE登録で全4回の無料講義が視聴可能

LINEの友達登録をすると森谷講師の講義が全4回分無料で見れるキャンペーンを実施しています。

講座内容は「英語にお金を費やす人生から英語でお金を稼ぐ人生に変える!」無料で公開してていいの?というくらい濃い内容になってますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

今だけのスペシャル企画!無料オンライン講座に参加するともらえる3つの特典

特典①

「英語を使って年収1000万円の稼ぐ方法、講師森谷祐二に1日密着」

本講座の講師である森谷講師は英語を使って年収1000万円を稼いでいます。リアルに年収1000万円を稼ぐ人は一体どんなライフスタイルを送っているのか?今回は森谷講師のライフスタイルやそのヒントを公開します。

特典②

「海外に住みたい人必見!海外在住してよかった点と悪かった点のエピソード」

海外に住んで、自由なライフスタイルを送りたい!そのような理想の生活を思い描くことはあると思います。

しかし、実際に住んでみると良かった点と悪い点が出てきます。

アメリカ在住歴が長い、森谷講師が海外移住についてアドバイスしてくれます。

特典③

「森谷祐二が徹底厳選!英語を使って年収1000万円を稼げるようになるためのお勧め書籍5選集」

森谷講師が実際に英語を使って仕事をする上で必要だったこと、英語を勉強するという強い動機と意思、そしてそれらを後押ししてくれる「きっかけ」になった書籍をご紹介致します。

森谷式翻訳術HP

怪しい詐欺の可能性は?運営会社を調査

怪しい詐欺の可能性は?運営会社を調査

ここでまで森谷式翻訳術やトランスクリエーションについて説明をしてきましたが、受講するかどうかまだ決めかねているという方や、本当に翻訳家になれるのかどうか怪しいと感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も実際に受講しようと決めるまではかなり悩みましたし、下調べも入念に行いました。気を付けるポイントとしては「会社が実在しているかどうかを調べる」ことです。

詐欺まがいのあくどい商売をしているところは、後明たいことが多いのでダミー会社にしている確率がかなり高いです。

きちんと法人登記されているか、住所が実在しているかなどを調べるといいですよ。

では実際に森谷式翻訳術の運営会社を調べてみましょう。

運営会社は株式会社トランスクリエイターズ

会社概要

商号:株式会社トランスクリエイターズ

代表:加藤彩

設立年月日:2021年1月7日

所在地:東京都港区三田2-20-17ジェノヴィア麻布十番グリーンヴェール903

電話番号:03-5405-2086

株式会社トランスクリエイターズHP

調べてみた結果、きちんと実在する住所で会社も投棄されていることがわかりますね。設立日は2021年になっていますので、おそらくはオンライン塾の設立のために作られた会社かと思われます。

森谷式翻訳術HP

最後に

最後に

ここまでお付き合いくださいましてありがとうございます。

英語が苦手な日本人にとって翻訳というのはまだまだ馴染みのないジャンルの仕事ではありますが、一度習得できればとても楽しい仕事です。

時間単価も高いのでスキマ時間や短い時間で高い収入を得ることが可能なので、とてもおすすめできる副業となっています。

これを機に今後の人生で役立つスキルを身に着け、新しい働き方へシフトするのはとても素晴らしいことだと思うので、みなさんももし興味があれば、翻訳という仕事へチャレンジしてみてください。

私は副業として翻訳の仕事を続け、お金がたまれば海外へ移住し、翻訳の仕事一本で生活をしようと考えています。

今までの自分の働き方では考えられないような、違う人生に出会えるかもしれませんよ。

それでは。

森谷式翻訳術HP