• ホーム
  • ヒルドイドは色素沈着やシミに対しても効果はあるのか

ヒルドイドは色素沈着やシミに対しても効果はあるのか

2020年03月09日

年齢肌のサインの中でも、気になるという方が多いのがシミです。今は美白がスキンケアのテーマにもなっていたりしますし、透明感がありシミ無しの肌にするためにはできるだけ早い段階でケアや予防をしておくのが重要です。

シミには色々ありそばかすも一緒にされがちですが、もちろん紫外線が影響して出来てしまうこともあります。しかし体質的に生まれつきできやすいという方もいますし、特に子供の時に出来ておとなになると消えていったり薄くなるというケースは多いです。大人になってからのそばかすは、レーザーなどでないと消せないということが多いですし、とにかく紫外線が影響する可能性が高いので日焼け止めは常に使うようにしましょう。

シミが出来るのは、紫外線による影響と考える方が多いかも知れません。確かにそれは間違っていません。しかしその背景にはターンオーバーということも大きく関係しています。ターンオーバーは肌の新陳代謝のことで、このターンオーバーが正常に行われる事で新しい皮膚に生まれ変わります。周期も大体決まっていますが、年齢とともにこの周期がどんどん長くなり角質や老廃物がたまっていってしまうのです。

皮膚や老廃物が溜まる事で化粧水も浸透しづらくなりますし、血行が悪くなってシワが出来たり、コラーゲンの減少も関係して乾燥状態になります。乾燥はあらゆる肌トラブルの要因ともなりますが、特にバリア機能の低下で紫外線の影響は受けやすくなるので要注意です。

紫外線を浴びると、お肌のメラノサイトが刺激されてその防御反応でメラニンという物が分泌されます。それは通常であればターンオーバーで排出されていくのですが、その機能が衰えることでどんどん濃くなり、お肌にあらわれてきてしまうのです。色素沈着ということにもなりますし、この色素沈着を抑えるためにもターンオーバーを乱さずに行える環境を整える事が大事です。

ちなみにヒルドイドは保湿剤や皮膚疾患の治療薬として使用されている事が多いので、シワに効果があるというのはなんとなく知っていて使っている方も多いかも知れません。しかし、ヒルドイドには血行促進作用もありますので、ターンオーバーを正常に行うことを促す事にもつながるのです。

効果を感じるまでには長期間の使用が必要となる事もありますし、即効性があるという訳ではないのですが、色素沈着にもメリットがあります。しかしそばかすには効果無しだったという方が多いので、あまり期待しない方が良いでしょう。

長期間使用してもシミが薄くなったりしないということも有ります。その理由には、ヒルドイドには漂白作用までは配合されていないためです。ターンオーバーでシミを予防するということは出来ても、確実に薄くするということまではできないので漂白作用のあるハイドロキノンやトレチノインを併用してシミ取りをしていくのもオススメです。

年齢肌のサインの一番の原因でもある乾燥には、ヒルドイドは非常に効果が高いクリームと言えるでしょう。