翻訳者になるための勉強法とは?

翻訳者になるための勉強法とは?

翻訳者とは、海外の小説や映画の字幕など、最近ではビジネスシーンにおいても重要なポジションを担っている語学のエキスパートです。

語学系の職業では特に人気が高いですが、実際に翻訳者として活動をするにはどういった勉強をすればいいのでしょうか?

翻訳者に必要なスキル、それに合わせた勉強法などを紹介いたします。

森谷式翻訳術HP

「読む力」と「書く力」を鍛えよう

翻訳の仕事の内容は、原文を読み内容を理解し、それを翻訳する言語へと書き起こす作業です。

つまり翻訳者として力をつけたいと思うなら、「読む力」と「書く力」を鍛えていかねばなりません。

では具体的な勉強法を解説します。

勉強法①とにかく「読む」

翻訳者には原文を読み理解する読解力が求められます。

書いてある内容を理解し、そこから多くの情報を引き出すことが重要です。

小説でも新聞でもいいので、まずは英語でも日本語でも毎日多くの文章に触れることが大切です。

とにかく色んな文章を読むことで、自分の中に新しい表現方法が身に付いていきます。

おすすめなのは新聞やビジネス雑誌、エッセイなど、たくさんのジャンルの文章を読むことで新しい発見も出てくると思います。

特にトランスクリエーションにおいてはビジネスやマーケティングにおいて用いられるので、ビジネス雑誌や起業レポートなどのライティング形式は勉強になります。

勉強法②英語も日本語もとにかく「書く」

翻訳においては、ただ原文を訳すだけでなく、いかにわかりやすく正確に読者に伝えられる力が求められます。

そのためには「文章を書く力」が必要不可欠です。

日本語はもちろん、本先の言語でも文章を書く必要があるので、翻訳先の言語の表記方法についても知識を身に着ける必要があります。

まずは原文と訳書の両方がある文章を読むことで、表現方法や表記方法を学び、そこから自分でも訳文をたくさん書き出してみることをおすすめします。

たくさん量をこなすことで読み書きする力を鍛えましょう。

翻訳者として必要なスキル

翻訳者として仕事をする上で重要なスキルがあります。それはなんでしょうか?

リサーチ能力

翻訳をする上では、原文の意図を汲みより伝わりやすい表現にする必要があります。

そのためには、その国の歴史的背景や、現地のマーケティング事情など、様々なことを加味しなければいけません。

そのため多方面から情報をインプットするため、リサーチ能力は欠かせません。

また、リサーチのスピードが上がると仕事のスピードも上がるので、時間効率がよくなるので、ネット用いた検索などには慣れておく必要があります。

知識力、表現力

マーケティング翻訳においてはビジネス文書を翻訳することも少なくありません。

そのためその業界の専門知識や、リサーチした内容を理解し文章に落とし込むための知識が必要になります。

文章における表現力を上げるためには語彙力が必要となり、様々な書物を読むことでそれらの能力あげることが可能です。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る