独学で翻訳者になることは可能?

独学で翻訳者になることは可能?

翻訳者は在宅副業の中でもかなり単価が高いのでおすすめの副業ですが、翻訳する言語の知識や翻訳スキルが必要となってきます。

翻訳スクールに通うのが一番知識が身に付きやすくおすすめなのですが、独学で翻訳者になることはかのうなのでしょうか?

ここでは翻訳スクールに通うメリットなどについて解説していきます。

森谷式翻訳術HP

独学と翻訳スクールのメリットとデメリットを解説

独学の場合の「メリット」

・自分のペースで学ぶことができる

翻訳スクールの場合、1年や半年等機関が定まっているので、その間集中して勉強をすることになりますが、個人の事情で難しい時も出てくるかと思います。

独学の場合は自分の好きな時間で勉強できるので、縛られたくない人は独学のほうがいいかもしれません。

・スクールよりも安く学べる

翻訳スクールの場合、学費による出費が大きいですが、独学の場合は書籍などを数冊買う程度なので、出費もスクールに比べると割安で勉強することが可能です。

独学の場合の「デメリット」

・自己管理能力が無いと続かない

独学で勉強する場合は勉強を強制されることがないので、自分の意志で勉強を続けないといけません。

一人で勉強をしているとついついだらけてしまったり、勉強が難しく途中で挫折してしまうこともあるかもしれません。

・間違いに気づけない

独学の場合訳文のチェックがどうしても我流になってしまう為、間違いに気づけないこともあります。

間違った知識のまま仕事をする、よいうことが無いように気をつけましょう。

・相談や質問できる相手がいない

一人で勉強をするため、わからないことが出てきた時に応えてくれる相手がいません。

知識とは財産ですから、実際に翻訳者として活動されている方と知り合うことができれば、きっと力になってくれるでしょう。

翻訳スクールの「メリット」

・基礎からしっかり学べる

実践的な翻訳方法をマンツーマンでしっかり学べます。

スクールはもとから人に教えるノウハウを持っているので、本当に必要なポイントを押さえて効率よく学ぶことが可能です。

・試験対策ができる

翻訳の仕事をする際に特別な資格は必要ないですが、翻訳会社と業務提携する場合は、翻訳会社の定めた試験を通過する必要があります。

この試験を通過できるのは全体数の5%ほどの超難関なので、対策は必須です。

スクールであれば履歴書の書き方や、実技試験の対策もしてくれるので安心です。

・講師や生徒同士で相談ができる

わからないことや気になる事があればいつでも相談する相手がいます。

ほかの人の役を知ることで自分の間違いに気づいたり、自分の知らない情報に気づけるかもしれません。

翻訳スクールの「デメリット」

・受講料などの費用が掛かる

当然ですがスクールの場合は受講するのにお金がかかります。

情報をお金で買ってると思えば安いものですが、初期資金が必要になるので、ある程度まとまったお金が無いと受講することができません。

・地域によってはスクールがない

場所によってはスクールが存在しないところもあるので遠出しなければなりません。

とはいえ最近ではオンラインスクールも多いので、パソコンとネットがあればどこでも受講できます。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る