こんな人は翻訳家には向いていない

森谷式翻訳術では6か月という短期間で翻訳家になるためのメソッドが詰まっています。

しかしながら誰もが必ず翻訳家になれるとは限りません。

こんな人は翻訳家には向いていないと思われます。

森谷式翻訳術HP

翻訳家になれない人の特徴

・毎日勉強していない

仕事が忙しくて毎日勉強ができないという人は多いです。

せっかくお金を払って受講しているのにもったいないですね。

勉強するのには自制心が必要ですが、勉強するのが1日間が空いてしまうと、取り戻すのに3日はかかるといわれています。

しっかりと毎日英語に触れ、勉強を怠らないようにしましょう。

・集中して勉強していない

勉強する際に音楽を聴いたり、動画を見ながら勉強などしていませんか?

他になにかをしながらの「ながら勉強」では、毎日勉強していたとしても習得するのは難しいです。

1日の間で集中して勉強する時間を決め、その間は他のことをしないように集中しましょう。

・知識量が足りない

翻訳かには様々な知識が必要です。スクールの勉強だけでなく様々な書籍読むことで必要な知識をつけましょう。

本を読むことは読解力を上げ、表現力を上げることにもつながるのでお勧めです。

・目標がない

翻訳家になってどうしたいのか、目標が定まっていないとモチベーションが上がりづらいです。

翻訳家になってこういう生活を送りたい、好きな仕事をしたいといった、なんでもいいので自分の目標を決めてください。

その目標に向かって勉強することでモチベーションを高く保って勉強できるでしょう。

森谷式翻訳術HP

副業をするメリットとデメリット

副業をする上で得られるメリットはたくさんあります。

ではデメリットはあるのでしょうか?

副業をする際にどんなことに気を付ければいいかがわかるので、メリットデメリットを今一度確認してみましょう。

森谷式翻訳術HP

副業をするメリット

①収入が増やせる

副業をする理由は大半の人が収入を増やしたいからでしょう。

働いた分だけ収入がアップするので生活に余裕が生まれますね。

本業と収入を細分化することで、一つの収入が断たれた時のリスクヘッジにもなります。

②新しいスキルが手に入る

本業とは違う職種にチャレンジすることで、今までになかったスキルが手に入ります。

本業に活かすことができれば相乗効果でキャリアアップに繋がるかもしれません。

③タイムマネジメント能力が身につく

副業をする上で気を付けないといけないのは本業とのバランスです。

ただでさえ少ない時間を副業に使うとなると、自分がどの程度仕事ができるのかを把握し、できる範囲内に収めないといけません。

働きすぎて体を壊してしまっては元も子もないですからね。

④生涯現役で働ける

一般的には60歳~65歳で定年を迎えますが、副業でスキルを身に着けておけばセカンドライフでも仕事を継続することができ、収入も安定します。

年金問題や老後の2000万円問題とは無縁でいられるでしょう。

副業をするデメリット

①働く時間が増える

仕事を増やすということはそれだけ体への負担も増えます。

精神的にも疲れますので自分ができる範囲で無理なく働くことが求められます。

あまり無理をして働きすぎているといずれ体を壊すことになりかねません。

②副業禁止の会社も多い

会社が副業禁止だったのにも関わらず副業をしていたことがばれると、罰則があったり最悪の場合クビなんてこともあり得ます。

会社の規定をよく確認したうえで行ってください。

③損益を出す場合がある

在庫を抱えるような仕事や、株やFXといった取引の場合初期資金が必要になりますし、判断を誤ればそれが損益につながる可能性があります。

収入を増やすつもりがお金が減ってしまったということにならないようにしましょう。

森谷式翻訳術HP

英語を身に着けると何が変わる?

「英語を身に着けると人生が変わる」という人は多いです。

人生が借るなんて大げさだと私も考えていましたが、実際に英語ができるようになると、今までできなかった様々なことに挑戦できるようになります。

些細なものでもいいので、一度英語を身に着けてやってみたいことをリストアップしてみてください。

そのやりたいことリストがモチベーションにつながって勉強への意欲もわいてきますよ。

森谷式翻訳術HP

英語ができるとこんなことができる

一部ではありますが、英語を身に着けてできることリストを作ってみました。

あなたやリたいことはこの中にあるあるでしょうか?確認してみてください。

世界中の人とコミュニケーションが取れるようになる

英語を共通言語としている国は数多くありますので、世界中の人たちとコミュニケーションをとることができるようになります。

色んな価値観を知ることで自分の成長にもつながりますよ。

海外旅行が充実する

海外へ行ったときに英語ができるととても便利です。

英語ができれば大抵の国ではコミュニケーションをとることが可能なので、なにか困ったことがあれば誰かに助けを求めることができます。

現地の人との交流が取れるようになれば、現地の人しか知らない場所を教えてもらったり、今までの何倍も海外旅行を楽しむことができるでしょう。

海外へ移住できるようになる

日本を飛び出して海外で生活される方はたくさんいらっしゃいます。

その理由としては物価が安い国へ移住したり、税金や福祉サポートが充実しているといった理由があるようです。

しかし海外で生活するためには英語はほぼ必須です。

英語ができれば安心して海外で生活できますね。

洋画や海外ドラマをを字幕なしで楽しめる

映画を観る際に吹替ではなく字幕で見る人は多く、俳優さん本人の声を聴きたいという理由が多いようですね。

しかし英語が聞き取れないと字幕を追わなくては行けなくなり、集中力が分散してしまいます。

英語ができれば字幕なしで映画やドラマが楽しめますよ。

仕事のキャリアアップにつながる

英語ができると仕事の幅が広がります。

日本では英語ができる人材は貴重ですから、ビジネスチャンスをつかむ機会も増えるでしょう。

海外留学ができるようにうなり、さらに奨学金がもらえる

TOEICなどの英語資格試験のスコアを一定以上持っていると、海外への大学や高校へ留学する際に奨学金がもらえる場合があります。

もし留学に興味がある人は利用してみてはいかがでしょうか。

森谷式翻訳術HP

独学で翻訳者になることは可能?

翻訳者は在宅副業の中でもかなり単価が高いのでおすすめの副業ですが、翻訳する言語の知識や翻訳スキルが必要となってきます。

翻訳スクールに通うのが一番知識が身に付きやすくおすすめなのですが、独学で翻訳者になることはかのうなのでしょうか?

ここでは翻訳スクールに通うメリットなどについて解説していきます。

森谷式翻訳術HP

独学と翻訳スクールのメリットとデメリットを解説

独学の場合の「メリット」

・自分のペースで学ぶことができる

翻訳スクールの場合、1年や半年等機関が定まっているので、その間集中して勉強をすることになりますが、個人の事情で難しい時も出てくるかと思います。

独学の場合は自分の好きな時間で勉強できるので、縛られたくない人は独学のほうがいいかもしれません。

・スクールよりも安く学べる

翻訳スクールの場合、学費による出費が大きいですが、独学の場合は書籍などを数冊買う程度なので、出費もスクールに比べると割安で勉強することが可能です。

独学の場合の「デメリット」

・自己管理能力が無いと続かない

独学で勉強する場合は勉強を強制されることがないので、自分の意志で勉強を続けないといけません。

一人で勉強をしているとついついだらけてしまったり、勉強が難しく途中で挫折してしまうこともあるかもしれません。

・間違いに気づけない

独学の場合訳文のチェックがどうしても我流になってしまう為、間違いに気づけないこともあります。

間違った知識のまま仕事をする、よいうことが無いように気をつけましょう。

・相談や質問できる相手がいない

一人で勉強をするため、わからないことが出てきた時に応えてくれる相手がいません。

知識とは財産ですから、実際に翻訳者として活動されている方と知り合うことができれば、きっと力になってくれるでしょう。

翻訳スクールの「メリット」

・基礎からしっかり学べる

実践的な翻訳方法をマンツーマンでしっかり学べます。

スクールはもとから人に教えるノウハウを持っているので、本当に必要なポイントを押さえて効率よく学ぶことが可能です。

・試験対策ができる

翻訳の仕事をする際に特別な資格は必要ないですが、翻訳会社と業務提携する場合は、翻訳会社の定めた試験を通過する必要があります。

この試験を通過できるのは全体数の5%ほどの超難関なので、対策は必須です。

スクールであれば履歴書の書き方や、実技試験の対策もしてくれるので安心です。

・講師や生徒同士で相談ができる

わからないことや気になる事があればいつでも相談する相手がいます。

ほかの人の役を知ることで自分の間違いに気づいたり、自分の知らない情報に気づけるかもしれません。

翻訳スクールの「デメリット」

・受講料などの費用が掛かる

当然ですがスクールの場合は受講するのにお金がかかります。

情報をお金で買ってると思えば安いものですが、初期資金が必要になるので、ある程度まとまったお金が無いと受講することができません。

・地域によってはスクールがない

場所によってはスクールが存在しないところもあるので遠出しなければなりません。

とはいえ最近ではオンラインスクールも多いので、パソコンとネットがあればどこでも受講できます。

森谷式翻訳術HP

翻訳者になるための勉強法とは?

翻訳者とは、海外の小説や映画の字幕など、最近ではビジネスシーンにおいても重要なポジションを担っている語学のエキスパートです。

語学系の職業では特に人気が高いですが、実際に翻訳者として活動をするにはどういった勉強をすればいいのでしょうか?

翻訳者に必要なスキル、それに合わせた勉強法などを紹介いたします。

森谷式翻訳術HP

「読む力」と「書く力」を鍛えよう

翻訳の仕事の内容は、原文を読み内容を理解し、それを翻訳する言語へと書き起こす作業です。

つまり翻訳者として力をつけたいと思うなら、「読む力」と「書く力」を鍛えていかねばなりません。

では具体的な勉強法を解説します。

勉強法①とにかく「読む」

翻訳者には原文を読み理解する読解力が求められます。

書いてある内容を理解し、そこから多くの情報を引き出すことが重要です。

小説でも新聞でもいいので、まずは英語でも日本語でも毎日多くの文章に触れることが大切です。

とにかく色んな文章を読むことで、自分の中に新しい表現方法が身に付いていきます。

おすすめなのは新聞やビジネス雑誌、エッセイなど、たくさんのジャンルの文章を読むことで新しい発見も出てくると思います。

特にトランスクリエーションにおいてはビジネスやマーケティングにおいて用いられるので、ビジネス雑誌や起業レポートなどのライティング形式は勉強になります。

勉強法②英語も日本語もとにかく「書く」

翻訳においては、ただ原文を訳すだけでなく、いかにわかりやすく正確に読者に伝えられる力が求められます。

そのためには「文章を書く力」が必要不可欠です。

日本語はもちろん、本先の言語でも文章を書く必要があるので、翻訳先の言語の表記方法についても知識を身に着ける必要があります。

まずは原文と訳書の両方がある文章を読むことで、表現方法や表記方法を学び、そこから自分でも訳文をたくさん書き出してみることをおすすめします。

たくさん量をこなすことで読み書きする力を鍛えましょう。

翻訳者として必要なスキル

翻訳者として仕事をする上で重要なスキルがあります。それはなんでしょうか?

リサーチ能力

翻訳をする上では、原文の意図を汲みより伝わりやすい表現にする必要があります。

そのためには、その国の歴史的背景や、現地のマーケティング事情など、様々なことを加味しなければいけません。

そのため多方面から情報をインプットするため、リサーチ能力は欠かせません。

また、リサーチのスピードが上がると仕事のスピードも上がるので、時間効率がよくなるので、ネット用いた検索などには慣れておく必要があります。

知識力、表現力

マーケティング翻訳においてはビジネス文書を翻訳することも少なくありません。

そのためその業界の専門知識や、リサーチした内容を理解し文章に落とし込むための知識が必要になります。

文章における表現力を上げるためには語彙力が必要となり、様々な書物を読むことでそれらの能力あげることが可能です。

森谷式翻訳術HP